PR

 米Microsoftはこのほど,「Internet Explorer(IE) 7 Beta 1」をWindows XP Service Pack(SP) 2向けにリリースした。IE7 Beta 1は次期クライアントOSの「Windows Vista」用とWindows XP SP2用の2つが用意されたことになる。ただし,IE 7 Beta 1を入手できるのは,MSDNならびにTechNetの会員とマイクロソフトが認定するベータ・テスターで,一般のユーザーはまだ入手できない。MSDN会員は会員サイトからダウンロードできる。

 IE 7はWindows Vistaの標準Webブラウザだが,まずは2005年末に,既存のWindows XP SP2向けに提供される予定。IE 7は,タブ・ブラウザ機能やRSSリーダ機能が追加されるだけでなく,セキュリティも強化される。例えば,(1)SSLで暗号化されているサイトかどうか分かりやすくする新しいセキュリティ・ステータス・バー,(2)ユーザーをフィッシング詐欺から守るフィッシング・フィルタ(インターネット上のフィッシング技術データベースと連動して,フィッシングの手口を未然に防ぐ),(3)キャッシュされたデータをシングル・クリックで削除する機能――が追加される。

(中田 敦=日経Windowsプロ