PR

 米MicrosoftはWebサイトで,「Windows 2000 Service Pack 4用の更新プログラム・ロールアップ1(UR1)」を再リリースする方針を明らかにした。UR1のインストールによって発生するトラブルを解消する狙いがある。

 UR1は,Windows 2000 SP4が公開されてから最近までのセキュリティ・パッチなどをまとめて提供する追加プログラムである。6月29日に公開された(既報)。

 しかし,公開直後からUR1のインストールによって,複数のトラブルが発生することが分かった。米MicrosoftはWebサイトで,「トラブルはわずかなユーザーにしか影響しない。影響を受けた場合は,関連する修正パッチが利用可能になるまで,UR1をインストールしないように」と,呼びかけている(英文の該当サポート技術情報)。

 また同サイトで,「いくつかの修正パッチを統合した新しいバージョンのUR1をまもなくリリースする予定」としている。これによって,現在公開されているUR1のインストールが原因で発生しているトラブルを解消できる見込み。新バージョンのUR1の公開時期は明らかにされていない。

(坂口 裕一=日経Windowsプロ