PR
(Paul Thurrott)

 Small Business Server(SBS)のユーザーは,これまでMicrosoftのむらのあるSBSの扱いに慣れてしまった。SBSは,伝統的なWindows Server製品と一線を画した使いやすい管理機能をいくつも備えている。一方で,同社はSBSのソフトウエア・アップデートとサービス・パックの提供を何度か遅らせてきた。

 Windows SBS 2003 Service Pack 1(SP1)も結局そうなってしまった。Microsoftが3月下旬にWindows Server 2003 SP1のリリースを発表したとき,同社はWindows SBS 2003ユーザーに対して,Windows SBS 2003専用バージョンをリリースするまでは,SP1へのアップデートを延期するよう求めた。そして5月中旬,ようやくWindows SBS 2003 SP1がリリースされた(日本語版該当サイト)。これは,メインストリームのWindows Server 2003のSP1リリースから,ほぼ2カ月遅れである。

多数のサーバー製品を統合,操作は簡単
 あなたがWindows SBS 2003に詳しくない場合もあるから,ちょっと説明しておこう。「Windows SBS 2003 Standard Edition」は,サーバーOSのWindows Server 2003に,メール・サーバーのExchange Serverとメール・クライアントのOffice Outlook,さらにドキュメント・コラボレーションのWindows SharePoint Servicesなど,各ソフトの最新バージョンや補助的なサービスを組み合わせたものだ。「Windows SBS 2003 Premium Edition」には,Standard Editionの構成に,データベース・サーバーのSQL Server 2000,ファイアウオールとプロキシのISA Server 2000,Web開発のFrontPageが加わる。

 数多くの製品を包含するWindows SBS 2003は,初心者を怖気させるものがある。しかし,旧バージョンのSBSと同様,Windows SBS 2003は複数製品を簡単にインストール→設定→管理するたくさんのコンソールとプロセスを提供する。大概のSBSユーザーは,Windows Server 2003の他のエディションのユーザーよりも技術的蓄積が少ないので,この使いやすさは非常に重要だ。Windows SBS 2003の管理コンソールは1つの美である。

ITサービス会社が面倒を見てくれる
 Windows SBS 2003は,ITサービス会社にとって金のなる木になった。基本的な考えは,IT担当者がいない小さい企業が,自分たちの環境の管理をITサービス会社にアウトソースするというものだ。そのITサービス会社は顧客のシステムを遠隔地から監視できて,現場が直面する問題に対処するため,自動生成されたレポートを利用できる。そのビジネス・モデルは,Windows SBS 2003によって特に利益を生むことが証明された。

 Windows SBS 2003 SP1を使っている現場では,様々なSBS製品用の最新サービス・パックとアップデートを全部手に入れることになる。つまりWindows SBS 2003ユーザーは,Windows Server 2003 SP1,Exchange Server 2003 SP1,Windows SharePoint Services 2.0,Windows XP SP2,ActiveSync 3.8,そしてどんなOffice 2003アプリケーションをインストールしていたとしても,そのSP1アップデートをまとめてインストールできる。

 Windows SBS 2003 Premium Editionのユーザーは,SQL Server 2000 SP4とISA Server 2004 with SP1も手に入れたことになる。後者のオプションは,完全に新しいバージョンであり,オリジナルのWindows SBS 2003と一緒に出荷されたISA Server 2000製品を徹底的に改良したものだ。このプレミアム・エディションのアップデートは,MicrosoftからCD-ROMでしか入手できない(該当サイト)。

リリース・ノートをチェックしよう
 メインストリームのWindows Server 2003 SP1のリリースとは違い,Windows SBS 2003 SP1はまだそれほど広範にはテストされていないので,アップグレードする前に十分なテストと評価をお勧めする。私はWindows SBS 2003 SP1をこれまでに2度インストールしたことがある。1回目は既に以前導入したもののアップグレードであり,2回目はWindows SBS 2003のインストールに続けて導入して,いずれもはうまく動いた。しかし,思い出しておくべき小さなことはたくさんある。Microsoftの導入に関するリリース・ノートと導入方法の解説に注意するよう忠告しておく(英語版該当サイト)。ひとたびWindows SBS 2003にSP1をインストールすると,削除できない。

SBS R2は2005年末,Longhorn SBSは2007年末
 そして,もしあなたが詮索好きならば,私はMicrosoftがWindows SBSのRelease 2(R2)とLonghornバージョンを,それぞれ2005年末と2007年末に出荷するのは間違いないと請け合える。SBS R2はコア部分のWindows Server 2003 R2の機能拡張を内蔵し,Longhorn SBSはWindows Server Update Services(WSUS)テクノロジをベースにした統合されたパッチの管理機能を内蔵するだろう。

 関連したニュースとして,MicrosoftはさらにWindows Server 2003 SP1がWindows Server 2003のインストール・ベースのほぼ5分の1に配布されたと発表した。Microsoftによると,120万コピーのSP1が配布されたという。IDCによると全世界で使われているWindows Server 2003は推定で673万本ある。「2カ月以下でSP1がダウンロードされた,120万本以上という数は,トータルのWindows Server 2003のインストール・ベースの18%に当たる」と同社の資料は示している。