■合併前の米Hewlett-Packard(HP)とCompaq Computerは,それぞれ「OpenView」と「Insightマネージャ」という,有名なシステム管理ツールを持っていた。両社合併後,2つのツールは個別にバージョンアップを重ねたが,その合併効果ともいえる進化が現れている。
■Insightマネージャは2003年第4四半期に,Linuxやhp-uxも管理でき,プラグイン機能が充実した「Systems Insight Manager(SIM)」として生まれ変わった。2004年12月には,SIMバージョン4.2が出る予定。同製品のマーケティング担当者Brad Kirby(ブラッド・キルビー)氏に,進化を続けるSIMの将来構想などを聞いた。

(聞き手 茂木 龍太=日経Windowsプロ)


Brad Kirby氏
米Hewlett-Packard
Software Global Business Unit
Product Marketing Manager
Systems Insight Managerを担当する

――――システム管理者の課題は?
[Brad Kirby氏]4種類の問題に直面していると認識している。第1に,可用性が高いシステムを効率的に運用すること。第2に多くのIT部門が予算面で多くの制約を受けていること。第3に,PCサーバーの多くは1サーバー/1アプリケーションの運用でサーバーの稼働率が低くなっていること。第4に,ビジネス上のニーズにもっと迅速に対応せよという経営層からのニーズに直面していること。これらの課題を解決するのが,弊社のシステム管理ツールである「OpenView」と「Systems Insight Manager(SIM)」だ。

――――OpenViewとSystems Insight Manager(SIM)の使い分けは?
[Kirby]OpenViewはビジネス・マネジメント,ITサービス・マネジメント,アプリケーション・マネジメントの3分野をカバーする。

 SIMは機器を個々に管理するインフラストラクチャ・マネジメントのソリューションである。OpenViewでもインフラストラクチャ・マネジメントの機能を備えるが,より細かい部分の管理はSIMの方が優れている。

――――Systems Insight Manager(SIM)の特徴は?
[Kirby]HPはこれまでWindows用の「Insightマネージャ 7」,hp-uxやLinux用の「TopTools」「Servicecontrol Manager」と3つの管理ツールを提供していた。SIMはこれらの優れた機能を統合して,マルチプラットフォーム対応になったサーバー管理ツールだ。SIMは2003年第4四半期に初めてのバージョン 4.0を発表した。

――――Windowsサーバーを既にInsightマネージャで管理しているユーザーはどうすればいいか?
[Kirby]Insightマネージャ 7は,2005年5月でサポートを終了する。ユーザーやシステム・インテグレータに対しては,それまでに移行するように勧めている。2004年第2四半期に提供開始した4.1では,Insightマネージャから移行するためのツールも提供開始した。移行できるカスタマイズされた設定は,ユーザー・アカウント,デバイス,イベント,クエリー,タスクなどがある。

――――SIMのユーザーの評価は?
[Kirby]既にInsightマネージャ・ユーザーの18%が移行した。残りのユーザーの多くが,現在評価中である。プラグイン機能を評価してくれる声をよく耳にする。

――――今後の展開は?
[Kirby]HPとしては,現在ブレード・サーバーに注力している。その中で,ソフトウエア開発に対しても積極的に投資を続けていく。この2004年12月に出荷するバージョン4.2で,ブレード・サーバー向けの機能を強化している。ブレード・サーバー用のセットアップ・ユーティリティと管理/展開ツール,そして仮想ノードの管理と制御,パッチ管理ツールなどを年内に提供する。2005年以降に出荷予定のバージョン5.0で,ストレージ・マネジメント機能を追加する。

――――EM64TやAMD64などの64ビット対応は?
[Kirby]今後,対応していく予定だ。

――――SIMはOpen Viewに組み込まれるのではないか?
[Kirby]将来的には,そうなるかもしれない。しかし,ここ2,3年は独立した製品と存在する。このようなシステム管理ツールは必ずしも大規模ユーザーだけが使うわけでない。OpenViewが必要なユーザーばかりではない。また,弊社のビジネス・モデルにも関係している。ProLiantの80%は,販売店経由で販売している。OpenViewがサポートできるインテグレータは限られる。