PR
■マイクロソフトは2005年5月24日,AMD64やIntel Extended Memory 64 Technology(EM64T)などの64ビット・アーキテクチャのプロセッサ向けとして,64ビットWindowsである「Windows Server 2003 x64 Editions」を発表した。
■日経Windowsプロでは,米MicrosoftのWindows Serverビジネス・グループに所属するJohn Borozanシニア・プロダクト・マネージャー(写真)にインタビューを行った。Borozan氏は「データベース・サーバー,Webサーバー,ターミナル・サービスを新規に導入するのであれば,今すぐWindows Server 2003 x64 Editionsを検討してほしい」と主張する。

(聞き手 中田 敦=日経Windowsプロ)


John Borozan氏

————Windows Server 2003 x64 Editionは,どのような用途で使用すると,64ビット化のメリットを享受できるのですか?

[John Borozan氏]64ビット化の効果が得やすいのは,6つの分野です。データベース,ビジネス・アプリケーション,ターミナル・サービス,Active Directory,Webサーバー(IIS:Internet Information Services),テクニカル・コンピューティング(科学計算)————です。

 データベースでボトル・ネックになりやすいのは,ディスクI/Oです。データをディスクよりもメモリーに置いた方が,パフォーマンスが向上します。つまりデータベースでは,多くのメモリーを積めば積むほど,パフォーマンスのメリットが得られるわけです。大容量のデータを扱うビジネス・アプリケーションに64ビットが適しているのも,同じ理由です。

 ターミナル・サービスはちょっと違います。32ビット環境では,4Gバイトの仮想メモリー空間のうち,2Gバイトをユーザー・モードで,2Gバイトをカーネル・モードで使用します。この2Gバイトをユーザーで分け合うため,ユーザー数を300ユーザー以上に増やせませんでした。x64 Editionの場合,この制約がなくなるので,32ビットと比較して最大同時利用ユーザー数が2.7倍に増えます。

 Webサーバーについては,既に「microsoft.com」を運用している全Webサーバーが,x64 Editionに移行したことをご存じでしょう(このことは,WinHEC 2005で行われたBill Gates会長による基調講演で明らかにされた)。サーバー1台当たりの性能が向上しているので,サーバー台数の削減につながりました。

————MicrosoftのWebサイトでは,ASP.NETのアプリケーションもx64 Edition上で動かしているのですか?

[Borozan氏]そうです。32ビットのASP.NETアプリケーションを,x64 Edition上で動かしています。

————使っているIISも64ビット版なのですか?

[Borozan氏]実は,microsoft.comでは,x64 Edition上で32ビット版のIISを稼働させています。まずx64 Editionに移行することが重要だったので,アプリケーションの互換性を考えて,64ビット版のIISの使用は避けました。

 x64 Editionでは,32ビット版Internet Explorerと64ビット版Internet Explorerが用意されているように,IISも32ビット版と64ビット版があります。ただし,プリインストールされているのは64ビット版だけです。32ビット版はWebからダウンロードします。

————Active Directory(AD)について聞かせてください。x64 Editionでは,ADの性能は向上するのですか。

[Borozan氏]データ・ストアのサイズで2Gバイト以上,ユーザー数で1万ユーザー以上のADのドメイン・コントローラなら,x64 Editionの方がスループットが2倍になります。ただし,1万ユーザー以下の場合は性能は同じです。

 Microsoftの社内では,ADをx64 Editionに移行することで,ドメイン・コントローラの台数を9台から4台にまで削減しています。

————ユーザーがx64 Editionに移行するかどうか判断する上で,一番気になるのが64ビット版デバイス・ドライバの問題です(x64 Editionでは64ビット版のデバイス・ドライバが必要)。

[Borozan氏]Windows Server 2003は,標準で1万6000種類のドライバを搭載しています(このようなドライバのことを「インボックス・ドライバ」という)。Windows Server 2003 x64 Editionのインボックス・ドライバは1万5000種類です。すべてではありませんが,ほとんどのインボックス・ドライバが64ビット化されています。

————2005年内にリリースされる「Windows Server 2003 R2」にも,64ビット版が用意されるのですか。

[Borozan氏]もちろんです。

————x64 Editionに移行するタイミングは,今すぐがいいのでしょうか?それとも「Windows Server 2003 R2」や「Longhorn Server」(開発コード名)で移行するのがいいのでしょうか?

[Borozan氏]ユーザー・シナリオによって異なりますが,もしデータベース,Webサーバー,ターミナル・サービスを新規に導入するなら,今すぐx64 Editionを検討してほしいと思います。

 もう2~3カ月もすれば,x64 Editionに対応したOracleやDB2が登場します。また,SQL Server 2005も2005年内に登場する予定です。近々データベースを新規に導入するのであれば,x64 Editionがお薦めです。

 また,32ビット環境でターミナル・サービスを利用しているユーザーの中には,数百台のサーバーを運用しているケースもあります。x64 Editionに移行すれば,サーバー台数を大幅に削減できるでしょう。

 64ビットに対応した.NET Framework 2.0が登場すれば,x64 Editionへの移行はますます加速すると思われます。x64 Editionを普及させる鍵は,2005年内に登場するSQL Server 2005と.NET Framework 2.0になるでしょう。



【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら