Windows 2000で追加した終了時のオプション。このオプションを選ぶと,Windows 2000の終了時にアプリケーションなどを閉じるのではなく,その時点のメモリーの内容をそのままディスクに書き出してから終了する。これにより,次回起動したときにその内容を読み出してくることで,終了した直前の状態まで復帰することができる。いつも使っているアプリケーションをあらためて起動する必要がないため,操作と時間の両方を節約できる。