サービスパックのインストール作業を簡略化するためにWindows 2000で導入した新機能。

 マイクロソフトは,自社製品の出荷後に発見されたバグやセキュリティ・ホールなどを修正するためのモジュール群をサービスパックとして提供している。このサービスパックを適用すると,DLL(Dynamic Link Library)をはじめとする各モジュールが置き換えられて不具合が修正される。しかし,適用時点でインストールしていない機能に関してはモジュールを新しいものにアップデートしない。そのため,後で機能を追加した場合は,改めてサービスパックを再インストールする必要がある。

 Service Pack Slipstreamは,この再インストールの手間を削減する機能である。具体的には2種類の方法を提供する。1つは,サービスパックを適用した際に,そのバージョンやインストール元といった情報を記録しておき,後で機能が追加された場合はその追加機能のモジュールをサービスパックのモジュールで自動的に置き換えるというもの。

 もう1つは,ネットワーク経由でWindows 2000をインストールする際に,最初からサービスパックを適用した状態でインストールできるようにするというものである。ネットワーク上に用意したインストール・イメージのファイルにサービスパックのファイルをあらかじめ統合しておくことで再適用の手間を省くことができる。