PR
A

  これはWindows XPを「IPv6」や「Peer-to-Peer(P2P)」といった新しい技術に対応させる追加プログラムで,表1のような機能を含んでいます。これを適用すると,[ローカルエリア接続のプロパティ]の画面から「Microsoft TCP/IP version 6」を追加できるようになるなど,目に見える変化が加えられます。

 ただし,IPv6を使用している企業はまだ少数派であるほか,「Peer-to-Peerネットワーキング・プラットフォーム」も開発者向けのツールであり,実際のアプリケーションの登場はまだこれからです。

表1●「817778:推奨修正プログラム(Windows XP SP1)」によって追加される新しい機能
「Advanced Networking Pack for Windows XP」(Windows Updateでは「817778:推奨修正プログラム(Windows XP SP1)」)には,IPv6やPeer-to-Peerといった新しいネットワーク技術に関連する新機能が盛り込まれている。

追加された機能主な機能
新バージョンのIPv6ネットワーク・スタックIPv4のNAT(ネットワーク・アドレス変換)をまたいでのIPv6トンネリングを可能にした
IPv6用インターネット接続ファイアウォール(ICF)Windows XPの標準機能で,IPv6のパケットもブロック可能にした
Microsoft Peer-to-Peer(P2P)ネットワーキング・プラットフォームWindows XP用のP2Pアプリケーションを作成するための開発者向けプラットフォーム

編集部