マイクロソフトが提供するメッセージ連携の機能。連携したいアプリケーションそれぞれにメッセージを格納するキューを用意することで,複数のアプリケーション間で非同期の連携を実現する。

 連携したいアプリケーションから相手のキューにメッセージを送ると,そのキューをもつアプリケーションが必要に応じてメッセージを取り出し,その内容に応じて処理をする。通常のプロセス間通信のような同期型の連携に比べリアルタイム性は劣るが,各アプリケーションが自分の都合のよいときに取り出せるなど,より自由度の高い連携が可能になる。メッセージを送った側のアプリケーションも相手の返答を待たずに他の処理を進められる。