今後主流になるといわれている高速無線LAN規格の1つ。2003年6月に電気・電子技術の国際標準規格を策定しているIEEE(米国電気電子技術者協会)によって正式に認定された。規格認定前にIEEE 802.11gをうたった高速無線LAN製品が相次ぎ登場したが,ほとんどはドラフト(草案)に準拠したものである。

 IEEE 802.11gの特徴は,従来の無線LANとの相互接続性を持ちながら,高速化を実現した点である。既に広く使われているIEEE802.11bと同じ2.4GHz帯の電波を使い,OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing:直交周波数分割多重)と呼ばれる変調技術を採用することで,伝送速度が11bの最大11Mビット/秒から最大54Mビット/秒に高速化されている。

 IEEE 802.11gはIEEE 802.11bと互換性があるので,IEEE 802.11gに準拠したアクセス・ポイントがIEEE 802.11b端末とも通信できる。手持ちのIEEE 802.11b製品が無駄にならない。ただし,その場合はIEEE 802.11bでの通信となるため,最大伝送速度は11Mビット/秒に制限されてしまう。