Windows NTのドメインコントローラ(DC)と共存させるために用意している,Windows 2000ドメインの動作モード。ドメイン内に初めてWindows 2000のDCを配置したときにはこの混在モードで動作しており,必要に応じてWindows 2000の機能や性能をフルに発揮する「ネイティブモード」に切り替えられる。

 Windows 2000のドメインは,グループの中にグループを配置する階層化グループや,複数ドメインに共通するユニバーサル・グループ,プライマリドメインコントローラやバックアップドメインコントローラ(BDC)のような区別なくいつでもユーザーやグループを追加・修正できるDC,といった機能の拡張をしている。しかし,何らかの理由でNTで動かしている既存のBDCをWindows 2000にアップグレードできない場合には,混在モードを利用してBDCに情報を複製できる。

 混在モードのままでもIntelliMirrorをはじめとするWindows 2000のほとんどの機能は利用できる。しかし,ネイティブモードにした方が前述した拡張機能を使えるほか,ネットワーク・トラフィックが減るなどパフォーマンスの面でもメリットがある。マイクロソフトも混在モードのまま長期間使い続けることは推奨していない。

 ドメインの動作モードはドメインの管理者権限をもつユーザーが変更できる。ただし,この変更は不可逆的で,一度ネイティブモードにすると混在モードに戻すことはできないので,実行する前にすべてのBDCがWindows 2000にアップグレードされていることを確認しておく必要がある。