動的リンク・ライブラリ。一般に高級言語でプログラムを開発する場合,利用するプログラム言語や開発ツール,OSがあらかじめ用意している機能を呼び出すコードを記述する。このような言語や開発ツールが用意している機能を特に「ライブラリ」と呼ぶ。

 通常,開発者が記述するソース・コードには,そのプログラムに実装する機能の一部だけしか記述されていない。ライブラリを利用する部分は,それを呼び出すコードが書かれるだけで,機能の中身は記述しないからだ。従って,実際に動作可能なプログラムにするためには,プログラムの中にライブラリの機能を組み込む作業が必要になる。この作業を「リンク」と呼ぶ。

 一般にリンクは,開発者が記述したソース・コードを実行形式に変換(ビルド)するときに行われる。これを特に静的リンク(スタティック・リンク)と呼ぶ。静的リンクすると,1つの実行ファイルに,開発者が記述したコードとライブラリのコードが格納される。

 これに対してプログラム実行時にリンクする方式がある。これを動的リンク(ダイナミック・リンク)と呼び,このような方式のライブラリをダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)と呼ぶ。

 DLLにしておけば,プログラムをモジュール単位に分けられる。もしもライブラリにバグが生じたり,バージョンアップするときには,DLLファイルを差し替えるだけで済む。プログラム全体をビルドし直す必要はない。