マイクロソフトのライセンス制度では,あるパソコンで使っていたソフトウエアを別のパソコンにインストールした場合,元のパソコン上からソフトウエアを完全に削除しなくてはならないことがある。このような手順を踏んで,ソフトウエアを利用するパソコンを変更することを「ソフトウエアを移管する」という。

 マイクロソフトのソフトウエアには,(1)ライセンスを移管できるもの,(2)ライセンスを移管できないもの,(3)複数のマシンで自由に使用してよいもの――がある。これは同じソフトウエアでもライセンスの提供形態の違いによって異なる。

 例えばMicrosoft Officeの場合,パッケージ版とボリューム・ライセンス版はライセンスの移管が可能であるが,パソコンにバンドルされたOEM版はライセンスの移管ができない。