マイクロソフトが,OSやアプリケーションなどソフトウエア製品の不具合解消や機能追加のために提供している修正プログラム。製品の各バージョンごとに用意され,実行すると不具合のあるモジュールがまとめて更新される。

 同社はソフトウエア製品に不具合が発見された場合,ホットフィックスと呼ばれる修正プログラムを随時提供して個々の問題に対処している。サービス・パックは,それら個別の修正がたまった段階で,製品を一括して最新の状態にするために作成される。提供間隔は一定しないが1年ぐらいが目安だ。不具合の修正と同時に仕様変更が行われる場合も多いので慎重に適用したい。

 ただし,サービス・パックはホットフィックスで未対応の修正を含むことがある。また,マイクロソフトは,比較的新しいサービス・パックの適用を前提に製品をサポートする。そのため,ホットフィックスを適用していてもサービス・パックを利用するのが望ましい。

 同様の修正プログラムに「FeaturePack」や「Security Rollup Package」と呼ばれるものもある。明確な定義はないが,前者は機能の強化・追加が主体のプログラムで,後者はセキュリティ上のぜい弱性を複数修正する比較的コンパクトなプログラムである。