PR

 財団法人 日本情報処理開発協会 情報処理技術者試験センター(JITEC)は,2003年度秋期情報処理技術者試験のインターネット申し込み受付を,7月19日午前0時で中止するとホームページ上で発表した。本来は8月5日まで予定されていたもの。7月19日以降は,受験申し込みが郵便局での振り込みに限定されるため,周知時間を考慮して申込期間は8月15日まで延長される。

 今回の延期は,JITECが申し込み受付開始日に起こしたトラブルに起因している。その内容は,7月1日の午前0時から午前9時35分まで,受験料を決済するためのクレジットカード番号を含む個人情報の入力に,暗号化通信を施していなかった,というものだ。この時間内に761人が申し込みを済ませている。JITECでは「個人情報が漏えいする危険性があったことについては十分認識しているが,16日現在では漏えいしたという報告は入っていない」(総務部長 兼 経理部長 遠藤貢市氏)という。

 トラブルの原因は,運用ミス。本番稼働に関するチェック・リストが存在せず,運用担当者が記憶に頼って稼働確認を行っていたため,暗号化がされていないことを見落とした。JITECはインターネット受付システムの開発/運用を伊藤忠商事に委託し,実際はゴートゥースクール・ドット・コムが受託している。インターネット受付は試験の開催に合わせ春と秋の年2回実施されている。2001年度春から開始され,今回で6回目となる。特に今回のシステムで機能が追加修正されたところはない。暗号化通信がなぜ設定されていなかったかという点については,現在調査中である。

 JITECでは,今回のトラブルを重く見ている。受付システムのセキュリティ・システムを見直し,暗号化されていないと稼働できない仕組みに修正することを決定した。今回の受け付け中止は,「これらの作業には相当日数を要する」ためとホームページで説明している。

(井上 英明=日経システム構築)