PR

 ターボリナックスは2003年9月19日,「Turbolinux Enterprise Server 8 powered by UnitedLinux」の有償サポートを,2007年12月31日まで延長すると発表した。Turbolinux Enterprise Server 8は2002年12月に発売,2004年12月20日まで最長2年間のサポートが付属していたが,有償で発売後5年までサポートを提供する。

 サポートを購入したユーザーには,セキュリティ対応パッチやバグ・フィクスなどを提供する。料金は,3年間のサポートが19万8000円,1年間のサポートが8万8000円。サポート期間を長期化することで,大規模システムや政府・自治体で導入しやすくすることを狙う。

(高橋 信頼=日経システム構築)