PR

 コンピュータ・アソシエイツは1月27日,Windows用のバックアップ・ソフトの新版「BrightStor ARCserve Backup Release11 for Windows 日本語版」を発表した。特徴は,Windows製品の細かい機能との連携を強化したこと。出荷は4月初旬から開始し,価格は15万円から。

 前版(v9)でも,Windows Server 2003やExchange Server 2003のデータのバックアップを可能にしていたが,v9出荷時はWindows Server 2003やExchange Server 2003がまだ正式出荷されておらず,細かい新機能との連携が難しかった。新版ではWindows Server 2003のバックアップの新機能「VSS(Volume Shadow Copy Service)」を利用し,アプリケーションが動作中でもバックアップを取ることができる。また,Exchange Server 2003のバックアップをするとき,前版ではデータベース全体のバックアップしかできなかったが,新版ではメール単位のバックアップを取ることができる。

 そのほか,複数のデータ・ソースから同時に1つのテープ装置にバックアップできるマルチプレキシング機能を搭載し,バックアップ時間を短縮できるようにした。稼働OSは,Windows Server 2003/Windows Storage Server 2003/Windows Powered NAS/Windows 2000/Windows Small Business Server 2000/Windows XP。Exchange Serverなどのアプリケーションと連動したバックアップを取りたい場合などは,エージェント・ソフトが別途必要となる。

(岡本 藍=日経システム構築)