PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月25日,同社のPCサーバー「ProLiantシリーズ」に,64ビットCPU「AMD Opteron」を搭載したモデルを2004年上半期に出荷すると発表した。Opteronは米AMD(Advanced Micro Devices)が開発した,x86のアーキテクチャで64ビット処理を実現するプロセッサ。科学技術計算など「ハイパフォーマンス・コンピューティング」と呼ばれる分野での利用や,コスト・パフォーマンスを重視するユーザーに向く。

 新規に提供するのは以下の2機種。(1)Opteronを最大2基,最大16Gバイトのメモリーを搭載可能な「HP ProLiant DL145」,(2)Opteronを最大4基,最大64Gバイトのメモリーを搭載可能な「HP ProLiant DL585」である。価格は未定だが,「コスト・パフォーマンスを極限まで高めるため,アグレッシブな価格付けにしたい。DL145は現行のDL140(Xeon搭載モデルで,HP Directplusでの価格は12万8000円~)と同じくらい,DL585は現行のDL580(Xeon MP搭載モデルで,同114万円~)よりも安くしたい」(エンタープライズ ストレージ・サーバ統括本部 インダストリー スタンダード サーバ製品本部 本部長 上原宏氏)としている。このほか,ブレード・サーバー「HP ProLiant BLシリーズ」にOpteronを最大2基搭載可能なモデルも追加する予定である。

 なお,米Intelが「Intel Developer Forum Spring 2004」(2月17日~19日に米国で開催)で発表した,64ビット拡張技術搭載のXeonプロセッサを採用したモデル(1/2CPU)も2004年夏頃に発表する予定。

(榊原 康=日経システム構築)