PR

 東京エレクトロンは2月23日,アプライアンス型の電子メール・セキュリティ用の新製品「IronMail」(写真)を発表した。開発は米CipherTrust。IronMailは,独自の「Mail Firewall」技術で,電子メール経由のウイルス/ワームや迷惑メールなどを遮断する。ファイアウォールとメール・サーバーの間に位置し,MTA(Mail Transfer Agent)の機能に加え,トラフィック管理や電子メールの送受信に関するポリシーをチェックする機能も持つ。電子メール専用のアプライアンス機器であるため,ポリシーの管理や運用を容易化できる。

 出荷は発表と同日から開始する。IronMailには大規模ユーザー向けの「Eクラス」と中小規模向けの「Sクラス」がある。メールの流量やユーザー数によってクラスが異なる。利用可能なメール・サーバーは,Microsoft Exchange Server,Lotus Notes,Novell GroupWise,Sendmailなど。最小価格はSクラスの100ユーザーで138万円(税抜き)から。

(岡本 藍=日経システム構築)