PR

 日本オラクルは7月25日,Webサービスや人を連携させてビジネス・プロセスを素早く構築/変更できるようにするミドルウエア「Oracle BPEL Process Manager 10.1.2」を販売開始したと発表した。同社のアプリケーション・サーバー「Oracle Application Server 10g Enterprise Edition(OracleAS EE)」のオプション製品との位置付けで,8月9日に出荷する。価格は125万円(OracleAS EEとの合計で500万円)。「他社製品で同等の機能をそろえるには1000万円以上かかるところだが,当社の製品ならば半額で済む」(システム事業推進本部 西脇資哲氏)という。

 Oracle BPEL Process Managerは,「SOA(Service Oriented Architecuture)」と呼ぶ設計思想に基づいたツール。システムの処理や人の判断を含む業務プロセスを定義/実行する機能を備える。ビジネス・プロセスを定義する言語には,XML関連技術の普及啓もう団体OASISで標準化されている「BPEL(Business Process Execution Language)1.1」を採用した。ビジネス・プロセスの設計には付属の「Oracle BPEL Designer」を使う。Oracle BPEL Designerは,同社の統合開発ソフト「Oracle Developer」や,オープンソースの開発ソフト「Eclipse」にアドオンとして組み込み,利用する。

 稼働OSは,Red Hat Enterprise Linux AS/ES 2.1/3,SUSE LINUX Enterprise Server 8/9,Solaris 8/9,Windows 2000/2003/XP Professionalなど。

(実森 仁志=日経システム構築)

【訂正】
記事掲載時の「Oracle BPEL Process Manager 10.1.2」の価格に誤りがありました。正しくは125万円です。お詫びして訂正します。