PR

 「ぷらら」を運営するぷららネットワークスは,同社の法人向けIP電話サービスの通話料を3月1日に値下げする。

 対象となるサービスは「ビジネスぷららフォン for フレッツ レギュラープラン」および「ビジネスぷららフォン for フレッツ マルチプラン」。国内の一般加入電話への通話料が,現行3分8円(税別)から3分7.5円(税別)となる。その他の通話料は従来通り。ぷらら会員または同社のVoIP(voice over IP)網を使ったIP電話サービスとの通話料金が無料,それ以外のIP電話サービスの利用者への通話料金が3分8円(税別)である。

 ビジネスぷららフォン for フレッツ レギュラープランは,050番号を使うIP電話サービス。地域IP網とぷららネットワークスの運営するVoIP網を相互接続して提供している。一方のビジネスぷららフォン for フレッツ マルチプランは,レギュラープランに加えてBフレッツまたはフレッツ・ADSL1回線につき,同時に複数の通話を可能にするサービス。

(大谷 晃司=日経コミュニケーション