セイコーインスツルメンツ(SII)はハードディスク上のデータを保護するための開発キット・ボードSecureDiskProtectionの販売を強化する。Webサーバーのセキュリティ対策の需要拡大を期待して,PCサーバー・メーカーやシステム・プロバイダ向けに売り込む。既にテンアートニが販売代理店になったほか,アイ・オー・データ機器がWebサーバーに同ボードを組み込んでいるという。
 2001年11月に発表したSecureDiskProtectionは,ハードディスクの状態をReadWriteからReadOnlyに切り替えることで,Webサーバーへの不正アクセスよるデータ改ざんを防ぐための開発キット・ボード。データの更新時にはサーバー本体に取り付けた鍵でディスクをWrite可能な状態に戻す仕組みだ。IAサーバーなどに搭載する。
 2001年11月に発表したが,SIIではPCサーバーを使ったWebサーバー市場が急速に拡大するとし今年後半からの売れ行きを期待している。特に,システム・プロバイダがアプリケーションや運用までを含めた提案にも使えるとしている。(田中)