テクマトリックスがSilverStreamチャネル強化

WebSphere,WebLogicの販社を取り込む

日経システムプロバイダ 2002年2月1日号,11ページより

 テクマトリックス(東京都台東区,由利孝社長)は米シルバーストリーム製品の販売パートナ戦略を強化する。4月出荷予定のBtoB(企業間)システム向けアプリケーションSilverStream eXtendの販売チャネルとして,これまでライバルだったIBMのWebSphereやBEAシステムズのWebLogicの販社を取り込む。3月をメドに新しいパートナ制度を発足させて,2002年度内にWebSphereとWebLogicの販売パートナそれぞれ10社程度と契約する計画だ。

 SilverStream eXtendはWebアプリケーション・サーバー(Web-AP)製品SilverStream Application Server上で稼働するが,WebSphereやWebLogicと組み合わせて使うことも可能。そのためSilverStreamの既存ユーザーに加えて,他のWeb-APを導入しているユーザーにも販売する計画だ。

 これまでテクマトリックスはSuperStreamの販売チャネルとして,日本総合研究所(東京都千代田区,小井戸雅彦社長)や伊藤忠テクノサイエンス(CTC)など32社とパートナ契約を結んでいる。しかし開発元のシルバーストリームの製品体系が,パッケージ製品からJ2EE(Java2 エンタープライズ・エディション)ベースのツール群に拡大しつつあり,他のWeb-AP製品と組み合わせた販売も増えると見ている。

(尾崎)

本記事は日経システムプロバイダ2002年2月1日号に掲載したものです。
同誌ホームページには,主要記事の概要や最新号およびバックナンバーの目次などを掲載しておりますので,どうぞご利用ください。

日経システムプロバイダ・ホームページ

定期購読お申し込みや当該号のご購入