ソフト部品製品を開発・販売するグレープシティは,システム・プロバイダに向けた営業活動に本腰を入れる。企業市場に進出するには,SI(システム・インテグレーション)に強い大手システム・プロバイダと直接的な連携が不可欠と判断した。そのため,この1月に電話セールス・チームを設置し,既存顧客や展示会への来場者への売り込みを始めている。従来は,ほぼ100%ディストリビュータ経由で販売していた。

 システム・プロバイダに売り込むのは,Javaで開発したシステムのパフォーマンス・チューニング・ソフトJProbe Suite(加シトラカ製),コンポーネント・ライブラリのJClass Enterprise Suite(同),レポーティング・ツールのElixir REPORT(シンガポールのエリクサーテクノロジ製)の3製品。システム・プロバイダの部門マネージャ層への製品紹介を強化し,大規模システムの開発案件に活用してもらいたい考え。

 2002年度に,これら3製品を核に3億円の売り上げを目指す。(佐山)