Web上のアンケート調査機能を提供するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)のソフトエージェンシー(さいたま市,村上毅社長)は,販売形態をこれまでの直販から間接販売主体に切り替える。「一般受けする商品でなく,独自には顧客拡大が難しい」(立岡佐到士取締役)ことから販売はパートナ企業に任せ,自らはサービスの開発に専念するため。

 間接販売に切り替えるMailAgencyスマートプロモーションは,Web上でアンケートを設計したり集計したりできるASPサービス。調査項目の設定や画面デザイン,アンケート期間中の自動運用やリアルタイム集計,未回答者などへのメール配信といった機能がある。回答数が10万件規模のアンケートも即座に集計できるという。日清食品やJRネットステーションなどが大手ユーザーだ。
 
 パートナ企業としてはこのほど,同サービスのユーザーでもある兼松コミュニケーションズ(東京都新宿区,竹内政明社長)と契約した。年内にさらに10社ほどのパートナ獲得を目指す。(松尾)