ブレード・サーバー・ベンダーのトラストガード(東京都中央区,渡邊誠社長)は早ければ8月にもネット・サービス業者や通信事業者など向けにサービスの事前検証環境「TrustGuard.net」の提供を開始する。データセンター事業者と提携し,100ギガバイト/秒のトラフィックに耐えられる環境を用意し,同社のブレード・サーバーであるHiServerとiServerを約500ブレード設置し,データセンターやサーバーなどで使われる環境を用意するほか,検証終了時には簡単に初期状態に戻せるようなシステム環境整備用のツールも用意する。「一度検証した環境は一定期間保存しておき,次回もすぐ利用できるようにするなど,使い勝手のよいサービスを目指す」(渡辺社長)。

 携帯電話など消費者向けのコンテンツ・サービスや次世代プロトコルIPv6向けのコンテンツ変換サービスなど,多量のトラフィックを処理するサービスの事前検証環境を低コスト,短時間で調達できることを売り物にして営営業攻勢をかける。(佐竹)