PR

 オープンソースのメールサーバーを開発/販売する米センドメールは,年内にも日本法人を設立する。今年2月に日本国内での販売パートナ開拓を目的に,東京に日本オフィスを開設したが,パートナがそろい始めたことから,法人を設立し日本での事業を本格化する。

 同社はこれまでに,東芝ITソリューション(川崎市,佐藤邦隆社長)と販売パートナ契約を締結しており,年内に8~9社のパートナを獲得できる見込みがたった。新設する日本法人は「販売店のサポートなどマーケティング活動に注力する」(米センドメールのアジア・パシフィック担当副社長で日本オフィス代表を兼ねる小島國照氏)予定だ。(松尾)