シマンテックは2003年から2次代理店向けの新たな支援プログラムを本格的に開始する。2次店に対する支援を強化することで、中堅・中小企業やSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)のシマンテック製品の購入を促す。

 本格的に開始する2次店支援プログラムは、当面クライアント系のセキュリティ製品とアプライアンス製品の二つの分野でスタートし、徐々に対象製品を増やす。2次店の中でも販売実績のあるところを選定し、専任の担当者による営業・技術サポートや情報提供などを行う。既に一部の2次店で開始しているが、2003年からは支援の対象にするパートナを数十社に広げる。

 シマンテックは、2002年7月からソフト・ライセンスを割り引くなどの新ライセンス・プログラムを開始、販売パートナに対する支援に力を入れている。これまでは主に1次代理店を対象にしていたが、中堅・中小企業やSOHOの利用を促すためにはエンド・ユーザーに近い2次店に対する支援の強化が課題になっていた。(中井)