PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフト(MS)は8月4日、メインフレームで稼働する基幹システムを、Windows Server 2003を搭載したIAサーバーにリプレースするための協業強化を発表した。

 協業の対象は、日本HPのIAサーバーであるHP ProLiant、HP Integrityと、MSのWindows Server 2003をはじめとする.NET対応製品。Active Directoryによるネットワーク統合やExchange Serverによるナレッジマネジメントの実現など、五つの重点テーマを設け、マーケティングや提案、システム構築、サポートを共同で実施する。

 この提携は、米HPと米マイクロソフトが2002年9月に締結したグローバル提携を日本で実行するためのもの。MSは、NECと米国でWindows Server 2003の共同検証の組織を運営するなど、他のサーバーベンダーとの協業も数多い。MSのマイケル・ローディング社長は今回の提携について「今回のHPとの取り組みで狙うのは、Exchange Serverでの累計600万クライアントの導入実績など、これまでの成果を生かした一段高いレベルのサービス提供」と説明する。

 両社は、緊密な連携作業によりサービスの質を高めて顧客に売り込む。例えばHPが今日発足させた専用のサポート組織「ジョイント・ミッション・クリティカル・サポート・センター(JMCSC)」では、HPの技術者だけでなくMSの技術者が常駐するという世界でも初の体制を採る。日本HPの樋口泰行社長は「日本は世界に比べメインフレームが多く残っており、高いITコストが日本の国際競争力を阻害している」と、メインフレーム陣営への闘志を燃やす。

佐竹 三江=日経ソリューションビジネス