PR

 日本ヒューレット・パッカード(HP)とマイクロソフトは2月3日、中堅・中小企業向けの業務アプリケーションを提供するISV(独立系ソフトベンダー)を対象とした支援プログラム「FLP:ISVパートナプログラム」を開始した。両社が推奨するハードとソフトを組み合わせたソリューションの品揃えを増やすことによって、中堅・中小企業への売り込みをする。

 新プログラムは、米HPと米マイクロソフトが締結する戦略的提携、Frontline Partnership(FLP)に基づくもの。既にミッションクリティカルなシステム領域では、共同でサポートセンターを立ち上げるなど協業を進めている。その一環として、今回、中堅・中小企業を対象にしたソリューションでも協力関係を強化する。

 両社は、専用のコールセンターを立ち上げ、ISVパートナーに対する支援窓口を一本化する。プログラムに加入したISVが持つ業務アプリケーションと、マイクロソフトのサーバー製品群であるWindows Server System、日本HPのPCサーバーであるHP ProLiantを組み合わせたソリューションの開発やサポートで技術的に支援をする。日本HPの検証センターで動作検証やパフォーマンス検証のための環境を提供するほか、検証時には日本HPとマイクロソフトの技術者が直接技術支援に当たる。

 技術支援のほかにも、セミナーの開催を支援したり、検証済みの推奨構成をISVパートナプログラムのWebサイトで公開したりするなどマーケティングでも協力する。今のところ応研、大塚商会、オービックビジネスコンサルタント、シーイーシー、ソフトブレーン、ピーシーエー、ビジネス・インフィニティ、フルキャストテクノロジーの8社が新プログラムに参加することを表明している。

森重 和春=日経ソリューションビジネス