PR

 Webサイト構築やマーケティング関連コンサルティングを手掛けるメンバーズ(東京都港区、剣持忠社長)は7月、営業活動のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを開始する。これまで、コンサルタントやSE(システムエンジニア)らが顧客ごとに個別対応してきたが、マーケティング活動に必要なITインフラやコールセンターをASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)形式で提供し、関連業務を含めたパッケージサービスとして売り出す。

 新サービスSPO(セールス・プロセス・アウトソーシング)は、Webや電子メール、電話などを使ったeマーケティングを中心としたマーケティング活動全般を代行するもの。企業向け営業を対象にするSPO to Bと、一般消費者向け営業のSPO to Cを用意する。いずれも、多数の見込み客を評価・分類したうえで、購買意欲が高い客だけを営業担当者やEC(電子商取引)サイトに引き渡すとともに、意欲が低い客には継続的にアプローチし購買意欲を高めるまでを代行する。

 具体的には、SPO to Bでは見込み客を集めるセミナーのテーマ設定や会場運営から、有効なWebアンケートの仕組み、電話セールスなどで「いつ、どんな案件を、どの程度の予算で計画しているか」を明確にしたうえで、営業担当者に実際の訪問をうながす。営業訪問後に確認電話もし、進ちょく状況を見たり各種アプローチ手法を見直したりもする。一方のSPO to Cでは、キャンペーンやメールマガジンの企画・作成・実行やWebサイトのログ分析などを代行し、顧客サイトへ誘導する。

 両サービスを安価に提供するために、自前システムの構築を急ぐ。複数社のパッケージ製品をベースに、データマイニング、キャンペーン展開、コンテンツ作成、メール配信など一連の流れをカバーする。これらシステムの機能は、顧客には運用サービス付きのASPとして提供する。これまでは、こうした作業を他社が提供するASPを使ったり、手作業で対応したりした。システム化することで、サービス料金を下げると同時に、自社スタッフをマーケティング戦略立案など、より上位領域に専念させるのが狙い。システムは7月に完成させる計画。これに先立ち、自前のコールセンターも6月に本稼働させた。

 SPO to Bの料金は年間1500万円程度から、SPO to Cは月額40万~50万円程度に設定する予定。このほかに、導入時のコンサルティング費用が掛かる。

志度 昌宏=日経ソリューションビジネス