PR

 NECトータルインテグレーションサービス(NTIS、東京都港区、西川喜勝社長)は4月21日、同社の基幹業務アプリケーション構築ソリューション「CGAA」を強化した新サービス「CGAA/ARIS」の販売を開始した。「CGAA」をベースに、IDSシェアー・ジャパンが提供するビジネスプロセス管理ツール「ARIS」との連携を強化したもの。ARISで定義した業務プロセスから、自動的にアプリケーションを生成できる。

 CGAAは、業務プロセスをシステム化するプログラム部品や開発方法論などからなる、システム構築サービス。従来のCGAAは、ビジネスプロセスの設計と、それを基にしたシステム開発のフェーズが独立していたため、「仕様確定に時間がかかったり、仕様変更で手戻りが発生して開発コストが増大するなどの課題があった」(西川社長)」という。

 CGAA/ARISでは、ARISで設計した業務プロセスのデータが、CGAAが持つプログラム部品にマッピングされており、設計した業務プロセスからプログラムを自動生成できるのが特徴。短期開発が可能になるほか、業務の変更が発生したときにも、柔軟にシステムを変更できる。NTISは、CGAA/ARISによって、開発工数を従来の半分に削減することを目指す。

 CGAAソリューションのターゲット市場は、製造業業や流通業。従来のCGAAのユーザー企業は中堅企業が中心だったが、今後はより規模の大きいユーザー企業を開拓していく。そのため、業務プロセス策定のコンサルティングフェーズでは、IDSシェアーとの協業を強化する。また、ARISを担いでコンサルティングサービスを提供しているIDSシェアーのパートナーと協業することも視野に入れている。

 価格は、1システム当たり5000万円~5億円。平均的な販売・物流管理システムを構築する場合で、2億円程度になるという。NTISは今後3年間で、100システム、180億円の販売を目指す。

森重 和春=日経ソリューションビジネス

「日経ソリューションビジネス」は、ITサービス企業の営業・マーケティング、マネジメント向けの雑誌です。
今なら「日経ソリューションビジネス」を無料で1冊試読いただけます。
詳しくはこちらからどうぞ。