第2の特徴は各種のアドレス設定が自動化されていること。IPv6ネットは,パソコンがIPv6アドレスを自動的に生成するしくみを持つほか,最も頻繁に利用するルーター(デフォルト・ゲートウエイ)のIPアドレスも,自動的にルーターから取得できるようになっている。電源を立ち上げてネットに接続すれば,必要最低限のアドレス設定が完了するわけである。この特徴は,「プラグ・アンド・プレイ」と呼ばれる自動設定機能の一つとしてIPv6に標準装備されている。

 図2 IPv6機器はネットから情報をもらって自らのアドレスを自動生成する