まずパソコンは,起動した際にネットワーク上に存在するすべてのルーターに対してプレフィクスを送信するよう要求する。するとルーターは,プレフィクスをパソコンに対して返信する。パソコンはインタフェースIDを生成し,受け取ったプレフィクスと組み合わせてIPv6アドレスを完成させる。

 最後に,完成したIPv6アドレスがほかのパソコンのIPv6アドレスと重複していないか確認をする。完成したIPv6アドレスがほかのマシンのアドレスと重複する確率は極めて低い。それでも念には念を入れて重複アドレスが存在していないかどうかをチェックするのである。

 チェックには,近隣探索と呼ぶ同報機能を用いる。具体的には,完成したIPv6アドレスをLAN上に同報し,すでにそのIPv6アドレスを使っているマシンがいないかどうかを調べる。もしこれに対する返事が送られてきたら,それは自分と同じIPv6アドレスを持つパソコンがLAN上にある(重複している)ということになる。




次回へ