DNSのしくみは,IPv6でもIPv4でもまったく同じである。

 IPv6とIPv4で違うのは,ホスト名とIPアドレスの対応関係をDNSサーバーに登録する際に使うデータ識別子である。データ識別子はレコードと呼ばれ,レコードの種類を見れば,登録されたデータの意味がわかる。

 IPv6用のレコードはAAAAレコード,IPv4用はAレコードである。IPv6アドレスのアドレス長はIPv4アドレスの32ビットの4倍である128ビット長なので,IPv4アドレス用のAを四つ並べたAAAAがレコード名になった。ほかに,IPv6用としてもう一つ新しいA6と呼ぶレコードも考案されている。ただ現在見直し論が高まっており,使われなくなる可能性がでてきている。

 IPv6のDNSで面白いのは,AAAAレコードを調べるためにDNSサーバーにアクセスする際,IPv6を使わなくてもいいこと。IPv4でアクセスしてもかまわない。


次回へ