IPv6ネットワークを構成するルーターやコンピュータは,どれもそれぞれに別々のIPv6アドレスを持っている。このため,通信相手のIPv6アドレスさえ指定できれば,相手と通信できるように思えるが,これは間違いである。

 例えばLAN上にIPv6ネットを作るなら,通信時には相手のLANアドレス(MACアドレス)を特定できなければ通信できない。相手のIPv6アドレスから相手のMACアドレスを見つけ出すしくみが必要になる。このように,IPアドレスからLANなどのデータリンク層プロトコルのアドレスを見つけることを「アドレス解決」と呼ぶ,

 IPv6とIPv4とでは,アドレス解決のしくみが違う。IPv6ではアドレス解決を「近隣探索プロトコル」(NDP:neighbor discovery protocol)と呼ぶプロトコルで実施する。NDPは,IPv6向けに開発されたプロトコルである。


次回へ