現在のIPv4ネットワークをある日一気にIPv6環境に置き換えることは難しい。現実解としては,IPv4を使いながら,少しずつIPv6環境へ移行することになる。さまざまなパソコン用OSがIPv6に対応してきているおかげで,IPv6を扱えるパソコンやサーバーは増えてきてはいるものの,世の中にあるほとんどのパソコンとサーバーは,IPv4しか使えない。急速にIPv6が広まったとしても,一朝一夕で世界中のコンピュータがIPv6対応になるわけではない。かなりの長期間,IPv4とIPv6が混在することになるだろう。既存のIPv4ユーザーをいかにスムーズにIPv6への世界に導くか,それがIPv6普及の鍵である。

 最初に確認しておきたいのは,IPv4プロトコルとIPv6プロトコルが相互接続できないこと。二つのプロトコルはよく似ているが,根本部分であるIPアドレスの長さが違う。このため,IPv4だけの環境からIPv4とIPv6環境が共存する環境,そしてIPv6だけの環境へと移行させる技術が必要になってくる。

 こうしたことから,数多くの移行技術が考え出されてきた。ただ残念ながら,現時点では「これ一つで完璧」という移行技術は存在しない。それぞれにメリットとデメリットがある。このためユーザーは,ネットワークの環境や移行の度合いに応じて,いくつかの技術を使い分け,併用していく必要がある。移行技術に関連するキーワードとしては,デュアル・スタック,トンネル,トランスレータがある。


次回へ