IPv6アドレスは128ビットとかなり長い。このため手入力でアドレス設定するのはなかなか大変だ。しかし,IPv6はプラグアンドプレイを実現する一つの機能として,アドレスの自動設定機能がある。そこで使われる機能の一つがRA(router advertisement)である。

 IPv6機器が実装しているアドレスの自動設定機能は,128ビットのIPv6アドレスを前半64ビットと後半64ビットを別々に扱う。まずうしろの下位64ビットはインタフェースIDと呼ばれ,端末自身が自ら作成する。典型的な方法としては,LANカードに付与されている48ビットのMACアドレスを基に作る方法がある。

 では前半の上位64ビットはどうするか。IPv6の世界では,上位64ビットをネットワークの識別子として使うことが多いが,これをプレフィクスと呼ぶ。プレフィクスは管理者がルーターに登録・設定する識別子であり,ネットワークごとにユニークでなければならない。そしてルーターは,自分につながっているIPv6機器に対してプレフィクスを通知するしくみになっている。このとき,プレフィクスを通知するパケットのことをRAと呼ぶ。

 RAの実体は,ルーターがリンク(ネットワーク)のプレフィクス情報を,そのリンク上にあるホストに通知するためのICMPパケットである。ルーターは定期的にRAを送り出すことで,リンク上のホストにプレフィクスを伝えている。各ホストは,プレフィクスとインタフェースIDを組み合わせてグローバル・アドレスを作成する。

 RAを受け取ったホストは,そのRAに含まれるプレフィクスと自分で生成した下位64ビットをつなぎあわせIPv6グローバル・アドレスを生成する。そして,そのRAを送り出したルーターをデフォルトルーター・リストに追加する。

 RAに含まれるプレフィクス情報としては,プレフィクスの値,プレフィックスの最終有効期間,推奨有効期間などがある。ホストは,異なるプレフィクス情報を含むRAを複数受け取れる。つまりIPv6ホストは,プレフィクスの異なるIPv6グローバル・アドレスを複数持つことができる。

 このほかにRAが伝える情報としては,そのルーターのデフォルト・ルーターとしての有効期間や近隣探索で使用する到達可能時間などがある。

(遠藤正仁▼横河電機 IT事業部 ITプロダクト事業センター)