IPv6には,プラグアンドプレイを実現する一つの機能として,アドレスの自動設定機能がある。そこではルーターがプレフィクス情報を通知するためにRA(router advertisement)と呼ばれるICMPパケットが使われている。RS(router solicitation)は,このRAの通知をルーターに促すためのICMPパケットである。

 IPv6マシンは,128ビットのIPv6アドレスのうち,プレフィクスと呼ばれる上位64ビットをルーターが通知するRAを受け取ることで入手する。これに自ら作成する下位64ビット(インタフェースIDと呼ばれる)を組み合わせて,自分用のIPv6グローバル・アドレスを作る。

 RAは普段は定期的にリンク上に送信されているが、ホストから能動的にRAの送信を促すことができる。これがRSである。ホストは,自分と同じリンク(ネットワーク)にいるすべてのルーターにRAの通知を要求するとき,RSをリンクに送出する。

 ホストがRSを送るのは,RSを送り出すインタフェースがつながるリンクについて,デフォルト・ゲートウェイとプレフィクスを知るためである。通常,リンクにつながるインタフェースが使えるようになった段階で,RSを送信する。

 RAとRSは,IPv6のアドレス自動設定機能の重要な役割をもっている。これがあるので,一般のIPv6ユーザーはIPアドレス設定を気にすることなく,IPv6ネットワークに参加できるようになるのである。

(遠藤正仁▼横河電機 IT事業部 ITプロダクト事業センター)