PR

 今回は,UNIXを操作する上で必要なコマンドを紹介します。UNIXはコマンド・ベースのOSです。Windowsのようにグラフィカルな画面(GUI)があれば操作を覚えるのが楽だし,直感的に理解できます。UNIXにもGUIが用意されていますが,一般的にはコマンド・ベースの操作が基本です。

 コマンドを覚えるのが面倒,あるいは分かりにくい,と思う人もいるでしょう。しかし,コマンドにもよい点があります。例えば,今いるディレクトリにあるファイルを表示させたいとします。Windowsの場合,エクスプローラを起動し,マウスで今いるディレクトリまで移動しなければなりませんが,UNIXではキーボードから「ls」コマンドを打てばすぐに表示されます。コマンド・ベースだとスピーディに処理ができるのです。インターネット・サーバーはリモートにある場合が普通です。リモートにあるマシンを動かすには,コマンド・ベースが便利なのは言うまでもないでしょう。

図1●UNIXのコマンド入力
 UNIXのコマンドはプロンプトのあとにコマンドを打ち込んでリターンを押します。UNIXのコマンドは大文字と小文字を区別します。一般にコマンドは小文字が普通です。コマンドにはスペースを区切りにしてオプション,引数を持つものがあります。

 UNIXでコマンドを実行するのは、シェルというプログラムです。シェルはユーザーからのコマンドを解釈してOSに伝える役割を持ちます。シェルでプログラムを書くこともできます。 UNIXにはいろいろなシェルが用意されており,ユーザーの好みで選べます。ただし,これから紹介するコマンドはどのシェルでも動作します。

 では,コマンドはいくつ覚えたらよいのでしょうか? 一度にたくさん覚えることは不可能なので,よく使うコマンドを表1に示します。

コマンド用途
pwd現在いるディレクトリを表しています。
lsディレクトリの内容を表示します。
ls -llsコマンドにスペースを空けて「-l」とオプションを与えると,ディレクトリの詳細を表示します。
cd現在のディレクトリから移動するコマンドです。「cd」の後にスペースを入れて,移動したいディレクトリ名を指定します。
manマニュアルのコマンドです。「man ls」のように,manの後にスペースを入れて,調べたいコマンド名を指定します。
mkdirディレクトリをつくるコマンドです。
chmodファイル権限を変えるコマンドです。
moreファイルの内容を表示します。
表1●UNIXでよく使うコマンド

 以上,これからUNIXを始める上で,最低限覚えておくべきことを3回にわたって解説してきました。これらの基本事項は,ネットワーク管理をする上でも必要となってきます。みなさんのご検討をお祈りします。