PR

図●InfoMICAの技術的ポイント
技術的なポイントは二つある。層に光を当てたときに光が漏れない「導波路構造」にしたことで,他の層への干渉を防ぐことができた。また,液晶のマスクで反射光の光路を選択する「開口多重アクセス技術」を開発したことで,一つの層に情報を重ねて記録できるようになった。

 切手サイズのプラスチック樹脂に1Gバイトのデータを記録する──。NTTは2004年2月12日,薄膜ホログラムという原理で記録・再生する光メモリー「InfoMICA」を発表した。メディアのプロトタイプは再生専用のROMで,幅25mm×奥行き25mm×厚さ2mmと小型・薄型サイズ。2mmの厚みは100層の記録層からできている。ドライブのプロトタイプは幅88×奥行き37mm×高さ22mm。CDやDVDのようにメディアを回転させないので,消費電力は半分ほどになるという。2005年後半に製品化したい考えだ。

 InfoMICAの用途としては,まず半導体メモリーの置き換えが考えられている。「電子辞書などに使うメモリーを考えている。1Gビット(125Mバイト)を超えると,半導体の製造コストよりInfoMICAのメディアとドライブの製造コストを足し合わせたものの方が安くなるので置き換えが期待できる」(NTTサイバースペース研究所第一推進プロジェクトの古谷彰教主任研究員)。

 また,「使い捨て」という用途もある。材料は安価なプラスチック樹脂なのでメディア単価を100~200円ほどに安くできるうえ,リサイクル可能だからだ。

光ファイバの応用と新技術が鍵

 記録・再生の仕組みは次の通り。まず,コンピュータでホログラムを作る干渉縞を計算して各層に記録する。製造過程ではマスターを作ってそれを転写する。再生時は,レーザー光を各層にめがけて照射する。レーザー光は干渉縞に反射して,CMOSやCCDなどの撮像素子に集められる。こうして撮像素子で結像し情報を読み取る。

 InfoMICAの技術的なポイントは大きく二つある。一つ目が目的の層だけで光が反射するように導波路構造を採用したこと。研究段階では,多層になると光が別の層に入り込み干渉してしまい,一層ずつ再生できなかった。そこで,光ファイバと同じように,コアとクラッドと呼ぶ光の屈折率の異なる2種類の材料を交互に重ねた導波路構造にすることで,光を一層に閉じ込めた。

 もう一つが,一層に複数の情報を多重して記録し,それらを分離して読み出す開口多重アクセス技術を開発したこと。メディアの上に液晶マスクを置き,光を通す場所と通さない場所を作る。光を通す場所を変えることで,光が通る道筋が変わり,異なるデータを記録し読み出すことができるようになった。

 現在,1Gバイト用に100層から成るメディアをプロトタイプとして公開しているが,記録層を増やせば大容量化できる。ドライブの改良で,さらなる容量アップも見込めるという。また,ユーザーが一度だけ書き込めるようなタイプも研究している。素材としてはレジストと呼ぶ感光性の樹脂を考えている。記録には,再生時と同じ波長(660nm)のレーザー光を使うため,660nmの波長に反応する材料を検討している。

(堀内 かほり)