PR

岡崎 俊二氏 マーキュリー・インタラクティブ・ジャパン副社長

連続テストでボトルネックを発見 見えにくい原因は時間変化で追求

負荷テストでは,Webサイトの性能の時間変化を見ることも重要。性能が飽和しているのか,低下しているのかなど,原因究明のヒントをつかめる。ただ,一見関係ないところに本当の原因が潜んでいることもある。分析には慎重さも必要である。

写真1 負荷テスト・ツールでスループット低下を検出した例
米マーキュリー・インタラクティブの「ActiveTest」でスループットの変化を表示した例。アクセス数はテスト開始後1分30秒以降一定だが,スループットは2分経過後以降低下している。このケースではファイアウォールの設定に問題があった。
 流通業のB社はエンドユーザー向けの直販システムを構築,事前に負荷テストで性能を検証した。目標の同時アクセス数は50。1回目のテストでは,同時アクセス数が30を超えるとレスポンスが悪化した。Webサイトから負荷テスト・ツールへのデータ転送速度(スループット)も頭打ちになっていた。調べてみると,HTTPサーバーの処理性能に問題が見つかった。パフォーマンスを監視すると,メモリーが不足していることが分かったので,早速メモリーを増設した。

時間とともに性能が低下

 メモリー増設後に,再度同時アクセス数を上げながらテストしたところ,同時アクセス数50まで特に問題は見つからなかった。しかし,念のため,設計上の同時アクセス数の上限である50アクセスの負荷を30分間かけ続けたところ,徐々にレスポンスが悪くなることが分かった。

図2 B社の負荷テストごとの性能変化のパターンと問題の原因
正常であれば同時アクセス数とスループットは比例する。性能に問題が発生したときも,Webサイトからのデータ転送速度(スループット)を分析すれば原因の手がかりをつかめることが多い。
 結果を分析してみると,スループットにも異常が見つかった。アクセス数が最大に達した時点で,いったんピークに達したスループットが,時間とともに徐々に下がっていた。

 Webサイトのパフォーマンスの検証では,長時間負荷をかけて,性能の時間変化を見ることも重要である(写真1[拡大表示])。ほとんどの負荷テスト・ツールは,Webサイトからのスループットを性能の指標として収集する。短時間では発見できないボトルネックも,長時間スループットの推移を監視すれば発見できることが多い。負荷が一定なのにスループットが徐々に低下したり,短時間だけスループットが低下するような状態は要注意である(図2[拡大表示])。