PR

北岡 一彦氏 NTTコミュニケーションズ ソリューション事業部ITビジネス推進部 AppMasterプロダクトマネージャー

大沼 守一氏 NTTコミュニケーションズ ソリューション事業部ITビジネス推進部 AppMasterコンサルタント

性能データを細かく分類・整理

 測定可能なデータには,アプリケーション種別,プロトコル名,TCP/UDPポート番号,送受信IPアドレス,平均/ピーク通信量,レスポンス・タイムがある。B社は,(1)社内で利用しているアプリケーション・プロトコルの種類,(2)プロトコルごとの通信量,(3)各拠点のアプリケーション別通信量,(4)各アプリケーションのトラフィック特性,(5)アプリケーションごとのレスポンス――を把握したいと考えた。

 (1)は,帯域管理装置が実測したプロトコルやポート番号を分類した結果を整理した。中には「TCPポート番号=7000」など一般的でないポート番号を使っていたために特定できないアプリケーションもあったが,送受信IPアドレスを特定することで判別できる。

 (2)と(3)は,測定時に様々なフィルタリング・ルールを設定し分類することで情報を把握できる。例えば,システムごとに分類するなら,TCPポート番号とサーバーIPアドレスでフィルタリングしたうえで,スループットやレスポンスを測定する。拠点ごとのデータは,ネットワーク・アドレスでフィルタリングして測る。

 (4)は,短期間では傾向をつかめないため,数週間測定する必要があった。B社が時間や曜日ごとの特性を把握したかったのは,以前,一つのシステム障害が別のシステムのトラフィック・ピークと重なって,新たな障害を引き起こした経験があったためだ。

SLAの提供目指しレスポンスも計測

 (5)のレスポンスは,エンドユーザーへのサービス品質を測る情報として使う。B社は,将来的にエンドユーザーへのSLA提供を目指し,アプリケーションごとのレスポンス管理を実施することにした。

 レスポンス・タイムは,クライアント-サーバー処理の遅延時間を指す。測定方法としてはpingが一般的だが,B社は帯域管理装置のデータを使うことにした。同装置は,pingと同様の結果が出るTCPの3ハンドシェーク時のRTTに加え,アプリケーションごとのネットワーク遅延とサーバー遅延を別々に測定できるからだ。

表1 B社はトラフィック調査結果を表にまとめてシステム設計に活用 詳細なデータを基に設計ができたため,次期ネットワークの構築作業はスムーズに進んだ。bpsはビット/秒。
 結局,B社は(1)~(5)の情報を反映したトラフィック調査結果を表にまとめ,システム設計に活用した(表1[拡大表示])。詳細な事実に基づいた設計だったため,社内りん議も支障なく通り,次期ネットワークは短期間で完成した。

 この新ネットワークでは,各拠点の回線速度を従来と同等以上に高速化すると同時に,帯域管理装置を導入することで重要なアプリケーションの帯域確保が可能になった。ネットワークの性能管理も継続し,サーバーやネットワークのボトルネックを事前に予防したり,適切な速度に回線を高速化することなどに効果を発揮している。