PR

 Webブラウザを使っていると,どんどんウィンドウを開いてしまうことがある。ウインドウの数が2枚や3枚ならまだいいが,10枚近くともなると,どのウインドウに何を表示していたのかわからなくなって困る。こんなユーザーのために新しいブラウザがいくつか登場している。

 新しいブラウザに共通する特徴は,各ウインドウをタブで切り替えられること。この特徴から“タブ・ブラウザ”と呼ばれることが多いようだ。開かれるウィンドウは一つだけ。新しいウィンドウを立ち上げるたびにウィンドウの周りにタブが付けられる。そして,このタブをクリックすると瞬時にウィンドウの表示画面が切り替わるのだ。代表的なタブ・ブラウザとしては「Cuam」や「BugBrowser」がある。どちらもフリーソフトだ。

 タブ・ブラウザの多くは,エンジン部分に米マイクロソフトのInternet Explorer(IE)を借用している。このため,IEで使える機能はたいていそのまま利用できる。ブックマークはIEのものを流用できるし,プラグインもそのまま動作する。

 タブ機能だけでも便利なタブ・ブラウザだが,それ以外にも多彩な機能がある。例えば「オート・リフレッシュ」。これは,ウインドウに表示してある内容を定期的にリロードする機能だ。ニュース・サイトなど,ひんぱんに内容が更新されるホームページにアクセスすることの多いユーザーは重宝する。

 「一括起動」もなかなか便利だ。こちらは,あらかじめ登録しておいた複数のURLを,ボタン一つで同時にアクセスする機能。毎朝,決まったいくつかのホームページを閲覧するようなとき,この一括起動を使うとそれぞれのホームページを一つずつ巡回する手間を減らせる。オート・リフレッシュと組み合わせると,テレビのチャンネルを選ぶ感覚でWebページを切り替えられるようになる。

 過去にはさまざまなあったWebブラウザ。ここ数年の間に,IEと米ネットスケープ・コミュニケーションズのNetscape Communicatorの2大ブラウザに淘汰されてしまった感がある。そうした中で登場したタブ・ブラウザは,2大ブラウザにない機能を補ってくれる。2大ブラウザの使い勝手に不満を持っているなら,タブ・ブラウザを試してみてはいかがだろうか。

高田 学也=日経NETWORK)

関連リンク

Cuamのホームページ
BugBrowserのホームページ