PR

 無線LANはここ1年で,LANを構築するときの選択肢の一つになった。

 ここでは,普及している無線LAN技術である IEEE アイトリプルイー802.11bについて見ていこう。

アクセス・ポイントで有線とつなぐ

 無線LANを構成する機器は二つある。一つは,パソコンのPCカード・スロットに差し込んで使う無線LANカードである。パソコンが送信するデータを電波にして空中へ送り出す。この無線LANカードを入れたパソコンが,無線LAN端末になるわけだ。

 もう一つは,無線LAN端末でやりとりするデータを中継する機器。ある無線LAN端末から送られてきた電波を受け取り,それを相手先の無線LAN端末に送り出したり,有線のイーサネットへ送り出す役割を持つ。こちらは,アクセス・ポイントと呼ばれ,無線LANの中核をなす機器である。

 無線LANカードとアクセス・ポイントの外観は異なるが,無線LAN部分の作り込みには違いがない。

無線LANのしくみ
無線LANカードは,MACフレームに伝送速度(変調方式)を示したフレームを付ける。そして,信号の周波数を拡散し,さらに周波数を2.4GHzにしたあとにアンテナから電波を送り出す。電波を受け取ったアクセス・ポイントは,これと逆の流れでMACフレームを取り出してLAN上に送り出す。

無線では独自のフレームをやりとり

 では,無線LAN端末がデータを送り出す流れを見てみよう(図6[拡大表示])。

 無線LAN端末が送出したデータは,まずIEEE802.11形式のMACフレームに格納される。そしてさらに,物理層フレームと呼ばれるフレームに格納される。ここまでがディジタルの世界だ。

 続いて,ディジタル・データを無線信号に変換して送り出すアナログの世界に入る。ここでは,スペクトル拡散と呼ばれる変調処理を実行する。こうすることで,ノイズの影響を抑えることができる。そして,拡散後の信号を2.4GHzに直して,アンテナから電波を送り出す。電波を受け取ったアクセス・ポイントは,これと逆の流れをたどってデータを取り出したあとに,有線または無線で送り出す。

管理用や制御用に専用のフレーム

 無線LANでやりとりされるMACフレームは,イーサネットのMACフレームとは異なる。無線LANのデータは,IEEE802.11形式のMACフレームに格納されるのだ。IEEE802.11のMACフレームがイーサネットのMACフレームと大きく違うところは,フレームの最初にある「フレーム・コントロール」と,全部で四つあるアドレス格納フィールドである。

 フレーム・コントロール・フィールドには,無線LAN特有の制御に使うための情報が格納される。無線LANでは,データ情報(データ・フレーム)以外に,アクセス・ポイントのありかを示す情報(管理フレーム)や,無線LAN端末の送信権を確保するための情報(制御フレーム)などをやりとりする。そのため,フレームの種類を示す識別子を入れるフィールドが用意されているのである。

 このほかに,あて先と送信元が有線LANにあるのか無線LANにあるのかも示される。無線LANでは,これらの情報と四つのアドレス・フィールドを使って通信先が示される。アドレス・フィールドには,送信元MACアドレス,あて先MACアドレス,経由するアクセス・ポイントのMACアドレスが格納される。