TCP/IPの入門書はどれ?

 スティーヴンスの本は有用だが,プロ向けの内容である。カマー本は入門書としてはかなり敷居が高い。TCP/IPをこれから学ぶ人は,どんな本を読めば良いのだろうか。

 『COMシリーズ 図解TCP/IP入門』は,初版が1992年に出版されたかなり古い本だが,入門書としての評価は高い。TCP/IPの動作を図入りでていねいに説明している。インターネットの普及以前に書かれているので,「かえってTCP/IPの本質に絞った内容になっており,理解しやすい」(多摩大学大学院の井上伸雄教授)。薄い本なので読む意欲がわくという点もお薦めである。

 現在,入門書として圧倒的な人気を誇るのが『マスタリングTCP/IP入門編 第2版』である。1994年に初版が登場して以来,異例のロングセラーを続けている。現在手に入れられるのは第2版だが,2002年1月には改訂第3版が登場する予定だ。

 著者の竹下隆史氏はネットワンシステムズの技術者で,シスコシステムズのルーターを国内に紹介した一人。もともと「営業マンにTCP/IPを理解させたかった」という動機で書かれており,TCP/IPネットワークの概略をつかむには最適な一冊である。

 典型的な読者像はアライドテレシスのシステム・エンジニアである中村愛氏のような例だろう。中村氏は入社後に畑違いの営業部門からSE部門に転籍した経歴の持ち主。「分量的にはかなり読み応えがあったが,日本語が読みやすくて説明がていねいなのが良かった」と話す。文字通り本がボロボロになるまで何度も読み返したのは,結局この本だけだという。

ネットワンシステムズの高橋真樹氏。同社教育センターで教育プログラムなどを担当。
 また,インテグレータなどの新人社員研修にもよく使われている。実際,ネットワンシステムズで教育を担当する高橋真樹氏は「プロとして最低限の基礎知識を学ぶ本。これくらいは理解してもらわないと困る」という。同社では新人研修の教材として,本書とその続編である『マスタリングTCP/IPインターネットワーク編』を使っている。

 なお,このシリーズには『マスタリングTCP/IP応用編』もある。ただ,こちらはTCP/IP Explainedの翻訳で,竹下氏はかかわっていない。内容は入門編よりも詳しいが「訳書なので,入門編ほど読みやすくはない」(静岡大学の石原助教授)という意見もある。

国内の英知を集めた新しい教科書

 『岩波講座 インターネット』は国内有数のインターネット研究者が集まって書き下ろした本である。目指しているのはインターネットを中核に据えた新しい教科書だ。全6巻の予定だが,4巻だけは出版が遅れている。

 1巻は入門的な内容,2~5巻は非常に詳細な技術解説,6巻はインターネットの社会的影響を論じた内容になっている。大学の教科書をねらった内容なので,『マスタリングTCP/IP』のような親しみやすさはない。

 その分,とくに2~5巻がそうなのだが,ほかのどんな本にもない詳しい技術解説が掲載されている。例えば,3巻の「トランスポートプロトコル」はTCPだけに絞っており,再送制御,フロー制御,輻輳(ふくそう)制御といった技術が事細かに記述されている。シェアウエアのLANアナライザPacMon(パックモン)の開発者であるレイヤーの田中宣彦氏は「プロトコル・スタックを開発するときに本当に役立つ」と評する。

COMシリーズ図解TCP/IP入門

著者 :西田竹志
監修 :野口正一
出版 :オーム社
ページ :180ページ
価格 :2600円
ISBN :4-274-07709-8
マスタリングTCP/IP入門編 第2版

著者 :竹下隆史, 村山公保,荒井透,苅田幸雄
出版 :オーム社
ページ :294ページ
価格 :2200円
ISBN:4-274-06257-0
岩波講座 インターネット
第1巻インターネット入門,
第2巻ネットワークの相互接続,
第3巻トランスポートプロトコル,
第5巻ネットワーク設計理論,
第6巻社会基盤としてのインターネット


著者:小西和憲,村山公保,西田佳史,堀良彰,山口英ほか
編集委:尾家祐二,後藤滋樹,西尾章治郎,宮原秀夫,村井純
出版:岩波書店
ページ:222ページ,224ページ,277ページ,245ページ,291ページ
価格:3600円,3800円,4000円,4000円,4000円
ISBN:4-00-011051-9,4-00-011052-7,4-00-011053-5,4-00-011055-1,4-00-011056-X