●来年に発売を予定しているサーバーOS「Windows .NET Server 2003」で実現する新機能を,日本語製品候補版(RC1)を使っていち早く紹介している。
●第3回では運用管理者向けの機能を取り上げる。ウィザードやイベント・ビューアといった従来からあるGUIツールには,操作性など細かな改良が加えられている。
●それ以上に大きく強化しているのは,定期的な管理作業や遠隔地からの管理を効率的にする機能だ。スクリプトで自由に組み合わせられるコマンド・ライン・ツールを充実させたほか,Webからの管理画面を用意している。

 Windows .NET Server 2003(以下.NET Server)では,運用管理者の業務を効率化する細かな改善を数多く実施している。その改善点は幅広く,システムのセットアップからメンテナンス,チューニングまでシステムの構築・運用作業全般に渡っている。

管理者向けポータル画面を提供

図1●Windows .NET Server 2003で提供するサーバーの管理コンソールでは,サーバーの役割ごとに機能の追加と管理ができる
サーバーに「プリント・サーバー」や「DHCPサーバー」などの役割を追加すると,関連コンポーネントをインストールすると同時に初期設定をしてくれる。管理画面も同じ管理コンソールから呼び出せる。

 まず,最初に目に付くのは「サーバーの管理」コンソールだ(図1[拡大表示] )。このコンソールはインストール直後に管理者がログオンすると自動起動するように設定されており,.NET Serverを使って最初に目にする画面となろう。この画面からは,いわゆるウィザードを使った対話形式でWebサーバーやファイル・サーバーといったサーバーの「役割」に対応する各機能を.NET Serverにインストール/設定する。

 Windows 2000 Serverにも「サーバーの構成」という似た画面はあったが,これは単に個別の設定ウィザードを呼び出すだけで実際の管理業務にそれほど使われていたとは言い難い。

 これに対し,.NET Serverの「サーバーの管理」コンソールは,管理者が日常的に使える基本ポータル画面となるよう大幅に使い勝手を向上させている。例えば,従来のようにメニューが固定された画面ではなく.NET Serverではサーバーに追加した機能(役割)に合わせてカスタマイズされた画面を表示する。

 .NET Serverではセキュリティの観点から初期インストールでは必要最小限の機能しか導入しない。このため,インストール直後の管理コンソール画面には機能を追加するためのメニューしか表示していない。

 そのメニューから,ファイル・サーバー,プリント・サーバー,リモート・アクセス・サーバー,ターミナル・サーバー,ドメイン・コントローラといった,サーバーに任せたい機能を追加していくと,それらの機能を管理するメニューが順次追加されていく。逆に,そのサーバーで利用していない機能の管理メニューは表示されないままのため,コンソールには必要なメニューのみが表示されることになる。

 コンソール画面の右側には,コンピュータの基本情報や一般的な管理ツール,ヘルプやマイクロソフトのWebサイトにあるサポート技術情報などへのリンクを用意している。これにより,日常のほとんどの運用管理作業は,このポータル画面上の操作だけで済むだろう。

ログ管理ツールの使い勝手を改善

 運用時に重要となるログ関連のツールにも細かな改善を実施している。

図2●.NET Serverのイベント・ビューアには,イベントの概要情報をマイクロソフトに送信して,その詳細な内容を調べる機能がある

 例えば,イベント・ログを確認するイベント・ビューアでは,イベントの詳細な内容をインターネット経由で簡単に参照できるようにした(図2[拡大表示] )。発生したイベントの[説明]欄にあるリンクをクリックすると,イベントのIDや発生したモジュール,バージョン,時間などの情報をマイクロソフトに送信し,返送されてくるイベントの詳細情報を[ヘルプとサポートセンター]の画面に表示してくれる。これまでのように,イベントの情報を記録しておいて,サポート技術情報や書籍を自分で検索するといった手間が省ける。

 再起動やシャットダウンに伴う関連情報もイベントとして記録できるようになる。Windows XPで追加されたシャットダウン・イベント・トラッカーが.NET Serverにも搭載されており,システムを再起動/シャットダウンする際に,管理者が選んだ理由をイベントに記録する。サーバーを止めるのは障害や構成の変更が起こった場合に多いからだ。コメントも記入できるので,終了や再起動した理由を運用履歴として残したい場合に役立つ。

 .NET Serverでは,ブルー・スクリーンが出るようなSTOPエラーによる異常終了でもイベントとして記録できるようになった。異常終了後に再起動するとシャットダウン・イベント・トラッカーが自動的に起動し,理由やコメントなどを記録する。

 パフォーマンス・ログについても改善している。これまで最大1Gバイトだったログ・サイズの制限をなくし,ログの保存先としてSQLデータベースも選択できるようにした。複数サーバーのログ情報を1つのデータベースにまとめて管理できるようになる。それらのログを表示するシステム・モニターも,複数のログ・ファイルを同時に開けるように強化した。ログから必要な情報だけを取り出したり,逆に既存のログ・ファイルに情報を追加するなどの編集機能も備える。

(根本 浩之=nemoto@nikkeibp.co.jp)