PR

■「Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)」には,プログラムの様々な修正や更新が実施されている。なかでもファイル・システムに関する修正である「DFS(分散ファイル・システム)統合ルート」機能に注目しよう。
■通常「FSMT(ファイル・サーバー移行ツール・キット)」を使って,古いWindows NTなどのファイル・サーバーを1台のWindows Server 2003に移行・統合しようとすると,古いUNC(汎用名前付け規則)パスを変更しなければならない。古いWindows NTをなくしてもUNCパスを生かすには,DFS統合ルートを利用する。

(見方享二,山本祐輔=日立製作所)


 「Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)」には,212項目の修正パッチが提供されている(該当サイト)。その中でファイル・サーバー統合にかかわる修正パッチを取り上げる。

 通常Windows NT 4.0のファイル・サーバーにおける共有フォルダの移行作業は,セキュリティ設定が維持されていることは当然だが,ショートカットやリンクを設定しているユーザーもいるので,UNC(汎用名前付け規則)パスを維持して移行する必要がある。移行作業は,「ファイル・サーバー移行ツール・キット(FSMT)」を使うのだが,そのままではUNCパスの維持まではできない。

FSMTとDFSを使ってファイル・サーバーを移行
 FSMTは,稼働している複数のファイル・サーバー上の共有フォルダとそのアクセス権を,別のファイル・サーバーに移行するためのツールである。マイクロソフトは2004年6月にWeb上で無償公開を開始した(該当サイト)。このツールが使える移行元のサーバーOSは,Windows NT Server 4.0,Windows2000 Server,Windows Server 2003の3種類である。

 他にもWindows 2000 ServerとWindowsServer 2003ならば,「DFS(分散ファイル・システム)」という機能があって,ディレクトリの異なる共有フォルダを整理されたディレクトリ・ツリーに仮想的に統合・再配置してくれる。これらの機能を使えば,ファイル・サーバーのディスクやファイル・サーバーそのものを増設するのが簡単になる。

FSMTをフルに使うには2003 SP1が必要
 FSMTを使った移行の概要は,図1の通りである。FSMTを使うと,共有フォルダ内のファイルとアクセス権を新しいサーバー(Windows Server 2003)にコピーし,なおかつクライアントが古いUNCパスを保ったままアクセスできるようにDFS機能を利用してくれる。これならば移行前のショートカットやリンクの利用を継続できる。


△ 図をクリックすると拡大されます
図1●FSMT(ファイル・サーバー移行ツール)による共有フォルダ移行の概要


△ 図をクリックすると拡大されます
図2●FSMTのウィザード画面
他にも特徴として,ウィザードによりグラフィカルに操作できて(図2),移行プロセス途中のロールバックをサポートしていることが挙げられる。

 注意したいのは,移行後も古いUNCパスでアクセスできるようにする「DFS統合ルート」機能は,Windows Server2003, Enterprise EditionまたはDatacenterEditionだけで利用できること。また,そのためには「DFS統合ルート修正プログラム」を適用する必要があること――が挙げられる。


△ 図をクリックすると拡大されます
図3●エクスプローラでフォルダ構造を確認する
 DFSでは,ある共有フォルダを他のファイル・サーバーの共有フォルダの下位ディレクトリとして仮想的に見せてくれる。一方,この修正を適用した「DFS統合ルート」を使うと,DFSフォルダの上位ディレクトリを仮想的に見せてくれる(図3)。これなら将来,撤去されるかもしれないWindows NTのファイル・サーバーのDFSリンクを残しておける。

 この修正プログラムは,2005年春にリリースされるWindows Server 2003 SP1に搭載されている。2003のSP1が登場する以前は「Microsoft Product SupportService」というサービスを受けて,特別に提供してもらうしかなかった。

 UNCパスを継承してリソースの移行を実施するには,移行前に移行元コンピュータの名称を変更する必要があることも注意しなければならない。移行結果はレポートとしても提供される。

 作業全体の流れは,Windows Server 2003 SP1の適用(DFS統合ルート・ホットフィックスの組み込み),移行元サーバーの名称変更,FSMTのインストール,さらに「セットアップ」「コピー」「最終処理」「完了」という4ステップを踏んでFSMTを実施する。移行はアクセス権を含めた形でコピーされ,移行後は移行元のファイル・サーバーの共有設定を自動的に解除してアクセスできなくする。


(『日経Windowsプロ』2004年8月号掲載「挑戦!Windows Server 2003への移行」と,2005年4月号掲載「ファイル・サーバーを進化させる4つの活用術」から再構成したものです)