日経FinTech

海外動向

  • 2020年07月10日(金)

    ニュース

    個人間送金サービスの米Venmo、個人事業主向けに新サービスを提供

     個人間送金サービスを提供する米Venmoは、個人事業主向けの新サービス「Business Profiles」のパイロット版を提供開始したと発表した。個人事業主は個人間送金サービス内で、自身の商品やサービスを紹介したり支払いを受け付けたりできる。

  • 2020年07月08日(水)

    ニュース

    仏Societe Generaleがネオバンクを買収、起業家顧客の獲得を狙う

     フランスの大手銀行Societe Generaleは2020年6月30日、個人事業主や起業家をターゲットにしたネオバンクである仏Shineを買収したと発表した。Societe Generaleは、フランスで成長している起業家の市場を高く評価しており、Shineの買収によって起業家の顧客を獲得する狙いである。

  • 2020年07月06日(月)

    ニュース

    中国のデジタルバンクMYbank、中小零細企業への支援を加速

     中国Ant Group傘下のデジタルバンクであるMYbankは2020年6月30日、5カ年計画を公表し、サプライチェーンファイナンスや農業関連融資を通して中小零細企業へのサービスを拡大していく計画を発表した。

  • 2020年07月03日(金)

    ニュース

    MastercardがAPIサービス事業者のFinicityを買収、オープンバンキング事業強化

     米Mastercardは、金融情報を収集するためのAPIサービスを展開する米Finicityを8億2500万ドルで買収することに合意したと発表した。規制当局の審理を経て、2020年末までに買収を成立させる予定である。

  • 2020年07月01日(水)

    ニュース

    「ID詐欺」をAIで防止、米Visaが金融機関向け新ツール開発

     米Visaは、クレジットカードや融資などの金融商品の申込時に発生するID詐欺をAI(人工知能)を用いて防ぐツール「Advanced Identity Score」を開発したと発表した。金融機関向けに提供する。

  • 2020年06月29日(月)

    ニュース

    HSBC香港、リアルタイムで完結する口座振替APIを提供開始

     英HSBCホールディング傘下の香港上海銀行は2020年6月19日、申込、認証、資金移動まで銀行口座振替に関する一連の処理をリアルタイムに完結するAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供開始した。企業がこのAPIを利用して顧客に迅速で簡潔な口座振替プロセスを提供し、カスタマーエクスペリエンス(CX)の向上を図る。

  • 2020年06月29日(月)

    コラム

    NEWS DIGEST[2020年6月]

     ソニーは金融子会社のソニーフィナンシャルホールディングスを完全子会社化する方針を公表した。同社の金融事業に関する経営基盤を強化するとともに、グループ全体の競争力向上につなげるのが狙い。2021年4月1日付で社名をソニーから「ソニーグループ」に変更することも発表した。

  • 2020年06月29日(月)

    コラム

    GLOBAL TREND[2020年6月]

     今月、米American Express(Amex)が中国で銀行カード決済サービスを開始する許可を得た。27兆ドルに上る世界最大市場において現地通貨での取引処理が認められたのは、外資決済ネットワークでは初めて。中国人民銀行の声明によると、6カ月以内に決済サービスを開始することが求められるという。Amexは、銀行カード決済ネットワークはオンラインとオフライン両方の決済に対応し、中国の主要なデジタルウォレットと連携すると発表している。

  • 2020年06月29日(月)

    コラム

    中国:頭角を現したデジタル銀行

    非接触型融資で存在感、伝統的金融機関も頼りに

     新型コロナウイルスの感染拡大により、中国では中小零細企業支援の大号令がかかっている。これを背景に存在感を強めているのが「デジタル銀行」だ。伝統的金融機関とは異なる与信審査手法や顧客接点を持つのが強み。その技術力を活用した伝統的金融機関が、デジタル化へのシフトを加速している。

  • 2020年06月29日(月)

    ニュース

    米Stripeが日本攻略に本腰 問われる三井住友カードとの連携強化

     決済関連サービスを手掛けるFinTech企業の米Stripeが日本市場攻略に本腰を入れる。2020年5月に東京に開発拠点を新設したと発表。新サービスを日本市場に投入するスピードを高めるとともに、「日本の強みを生かし、日本発の技術を世界で展開するための拠点を目指す」とストライプジャパン共同代表取締役のダニエル・ヘフェルナン氏は話す。