日経FinTech

ニュース

  • 2021年03月03日(水)

    ZHDとLINEの経営統合が完了、2023年度に売上収益2兆円を目指す

     Zホールディングス(ZHD)とLINEは、ZHDとLINE承継会社の2020年1月31日付の株式交換の効力発生を経て、経営統合が完了したと発表した。これにより、グループ従業員2万3000人を擁する体制となる。

  • 2021年03月03日(水)

    現実味を帯びてきたペイロール 厚労省が独自に課す「2階部分」が焦点に

     資金移動業者のアカウントに対する給与支払い「ペイロール」が現実味を帯びてきた。厚生労働省は2021年1月28日、労働政策審議会労働条件分科会でペイロールの議論を再開した。2020年8月27日以来、実に5カ月ぶりのことだ。

  • 2021年03月03日(水)

    7年間で57億円のコスト削減効果 横浜銀とNTTデータが競争領域のアプリを提供する理由

     「今回提供するのは、当行にとって競争領域に当たるアプリケーション。だが我々だけが抱えていて、付加価値が生まれるわけではない。他の金融機関に提供することで業界全体のデジタル化や業務効率化に貢献できるだけでなく、仲間を増やせば他行のノウハウを我々が利用できるメリットも見込める」。

  • 2021年03月03日(水)

    SBIがデジタル証券の国際流通に本腰 普及への道筋は依然として不透明

     「欧州とシンガポール・アジアを結び、デジタル証券(セキュリティートークン)の国際流通を実現するグローバルコリドー(回廊)を目指す」。SBIホールディングス(HD)社長の北尾吉孝氏は2021年1月29日、2021年度第3四半期決算発表の場でデジタル証券事業の将来像を示した。

  • 2021年03月02日(火)

    米Affirm、同国初の分割払い機能付きデビットカードを発表

     米Affirmが2021年2月26日、米国で初となる分割支払い機能を備えたデビットカード「Affirm Card」を発表した。同社は消費者がEC(電子商取引)サイトなどで商品を購入する際に後払いや分割払いでの返済サービスを提供している。

  • 2021年03月01日(月)

    大和証券、デジタル社債発行の実証実験を開始

     大和証券グループ本社とデジタルガレージは、ブロックチェーン技術を活用した有価証券発行の実証実験を開始すると発表した。実証実験では、大和証券が「大和証券デジタル社債」を、大和フード&アグリが「大和 F&A デジタル社債」をそれぞれ発行する。

  • 2021年03月01日(月)

    GMOあおぞらネット銀行がAPI実験環境拡充、スタートアップ支援を強化

     GMOあおぞらネット銀行は、銀行APIの実験環境やエンジニアコミュニティーを提供する「sunabar」の新たなサービスを発表した。中小企業やスタートアップ企業における新規ビジネスの機会創出や、資金面における経営リソースの確保を支援する。

  • 2021年02月26日(金)

    「金融サービス仲介業」で何が変わる?堀弁護士が動画で徹底解説

     2021年、新たな金融業態が誕生する。1つの登録で銀行、証券、保険に関する金融商品・サービスを扱える「金融サービス仲介業」だ。森・濱田松本法律事務所パートナー弁護士の堀天子氏を講師に迎え、金融サービス仲介業を巡る法規制を概要から今後の展望までを6本の動画で徹底解説する。

  • 2021年02月25日(木)

    英Revolutが欧州でQRコード決済サービスを開始、新型コロナ対策

     チャレンジャーバンクの英Revolutは2021年2月18日、QRコードによる非接触決済サービスを開始したと発表した。英国を含む欧州25カ国でQRコード決済が可能となる。新型コロナウイルス感染症への対策として対人接触を最小限にする狙いがあるという。

  • 2021年02月24日(水)

    三井住友海上がAIによる事故対応を強化、相手車両の挙動も分析

     三井住友海上火災保険は2021年2月22日、ドライブレコーダーのデータでAI(人工知能)が事故状況を説明するシステム「Ai's(アイズ)」の新機能を発表した。保険加入者の車両だけでなく、相手車両の進行方向やスピードなどの挙動を分析する機能を追加した。